株式会社山全 お問い合せサイトマップ
株式会社山全  
お問い合わせ

 
HOME県産スギ型枠使用に関しての取り組み
 
県産スギ型枠使用に関しての取り組み
 

5月中旬の朝日新聞等で、徳島県内の建設工事におきましてコンクリートを流し込む木製型枠について、県産スギ型枠を使用することが入札条件となりました。また、徳島県におきましては、「次世代林業プロジェクト」として、木材自給率向上のため県産木材の利用拡大を最重要テーマとしております。
弊社といたしましては、20年ほど前から、コンクリート型枠には県産のスギを使用しているとともに、2004年には、「らくーだハウス」というネーミングで、スギの間伐材を有効利用したログハウスを開発し、現場事務所に活用するとともに、アンテナショップや農業用倉庫として利用されております。

今後も、県産木材を活用することで、地域振興に貢献していきたいと存じます。

 

■県産スギの型枠使用に関する新聞記事

<朝日新聞>
朝日新聞
 
<毎日新聞>
毎日新聞
   
<徳島新聞>
徳島新聞
<日経コンストラクション>
日経コンストラクション
 
 
■弊社が使用している県産スギでの型枠
 
<県産材を使った工事型枠>
 
   
<県産型枠を使って工事したコンクリート構造物>
   
<工事中看板>
 
<工事中看板:夜用>
 
 
■らくーだハウス