株式会社山全 お問い合せサイトマップ
株式会社山全  
お問い合わせ

 
HOMEICTの取り組みについて




ICTについて

画像1
「i-Construction」とは2015年11月、国土交通省が建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組みとして推進すると宣言しました。 土工等の分野について抜本的な生産性向上を図り、全体として技能労働者一人あたりの生産性の向上を目指しています。

ドローンを活用したUAV起工測量、レーザースキャナーを活用したLS起工測量
これらを3Dデータにし土量計算なども山全は積極的に行っております。
画像2

≫ UAV起工測量    ≫ LS起工測量    ≫ 日立建機 ICTデモサイト研修    ≫ CONST-MAG掲載



UAV起工測量
無人航空機ドローン(UAV)による空中写真測量。 空中からスムーズに撮影した膨大な写真を3Dデータへ処理、 土量計算などに活用しています。
起工での測量で土量計算や、施工完了後や施工途中を測量することによって容易に土量管理が可能に。
UAV機体


UAV起工測量
 
 



ls起工測量
『地形・地物・構造物』等の表面形状を被接触で三次元座標化する計測器「レーザースキャナー」 を活用した測量を行っています。 従来の「単点」の測量ではなく、ごく短時間に大量かつ「面」的な「3次元空間の点群座標」を 取得する計測技術です。
起工での測量で土量計算や、施工完了後や施工途中を測量することによって容易に土量管理が可能に。
 
LS起工測量
 
 



日立建機ICTデモサイト
茨城県ひたちなか市にある『日立建機 ICTデモサイト』は、国土交通省が推進するi-Constructionへの理解と、 情報化施工を実感していただくことを目的とした施設で、実際の機械や機器を使用した ブルドーザーとバックホウのマシンコントロールの 研修へ弊社のスタッフが体験してきました。
 



▼CONST-MAGに弊社のICTへの取り組みが紹介されました
CONST-MAG